とある美容師のはさみ事情。

こんにちは♪

enchante&Amie-enサロンマネージャーのKOUです☆


みなさんご存知の通り

僕たちスタイリスト(カットする美容師)は

ハサミ無くして仕事は出来ません。

料理人の包丁と同じように

もっとも大事な仕事道具といっても過言ではありません。

いや、もはや手の一部に近いかもしれません。

そんな大切なハサミを

僕たち美容師は「シザー」と呼びます。


実はこのシザーにも色々と種類があったりします。

濡れている髪を切るシザー

乾いた髪を切るシザー

スライドカット専用シザー

すきバサミ(セニングシザー)も

たくさん減らせるものから少しだけへらすものまであり

種類をあげ始めるときりがありません。


多くの美容師さんは

腰にシザーケースをつけており

そこに何本ものシザーが収納されてるのは

いろんな役割のシザーを使い分けているからです。

(決して、格好いいからではありません)


そんな大事なシザーですが

刃物なので当然使うたびに

切れ味が悪くなります。。。

そんな時は

シザーの専門家に研いでもらいます!


メンテナンスするだけで

切れ味が抜群に良くなり

そのシザーを使うことで

皆様の毛先が綺麗に切れて

枝毛などになりにくくなります!


いくら腕の良い美容師でも

粗悪なシザーでは良いカットがし辛いです。

僕は月に1度メンテナンスしてもらっているので

常に鋭い切れ味のまま仕事に臨めています。

(そのせいで指を切ることもしばしばありますが。。。)


カットのデザインももちろんですが

プロとして環境も万全に整えておくことも大切なことだと思います。

そこまでの事を踏まえてあえて言わせて頂きます。

「僕はカットが得意です!!」

皆様のカットを担当させていただけることを楽しみにしていますので

是非、ご来店お待ちしております♪

0コメント

  • 1000 / 1000